気ままなガメラ

最新のコメント
@くろいみかんさん 激..
by pink-ponta at 00:04
お返事ありがとうございま..
by くろいみかん at 23:10
@くろいみかんさん は..
by pink-ponta at 17:57
@ダイオウイカさん ダ..
by pink-ponta at 17:49
はじめまして。 今年行..
by くろいみかん at 23:24
うちもやられたことがある..
by ダイオウイカ at 20:48
@ダイオウイカさん コ..
by pink-ponta at 01:12
お久しぶりです。 ずっ..
by ダイオウイカ at 21:14
@チアキさん とんぶり..
by pink-ponta at 17:52
ぽんたさん こんにちわ~..
by チアキ at 17:17
最新の記事
ぶりくら行けなかった
at 2018-10-08 22:45
2018ぶりくら出店
at 2018-10-05 17:16
孵卵温度25度で90日
at 2018-10-05 17:06
2013CBトウブハコガメ初産卵
at 2018-10-05 16:19
ようこそ我が家へ
at 2017-11-23 12:52
カテゴリ
気ままに巡回(勝手にリンク)
画像一覧
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル

<   2014年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧


そろそろかな~?

さて、今日から大潮。
今週中に何匹かは産んでくれるかな?

キボシイシガメの簡易産卵BOXを制作中ですが、間に合いそうもないので、とりあえずハコガメチルドレンの飼育場を産卵場にすることにしました。
a0090107_11540540.jpg
4匹の♀キボシを収容しています。
今日は、陸場と水場を行ったり来たり・・・落ち着きなく歩き回っています。
もしかして、あるかも!

ハコガメの産卵場には産卵期間だけ♀ミツユビ・♀セマルを収容します。
a0090107_11543991.jpg
270×90のスペースにミツユビ3匹、セマル3匹。
産卵が確認できた個体は、10日間ほど♂のいるカメ庭に戻してから、またこの産卵場で次のクラッチまでここに隔離。

セマルは大抵シェルターの下の暗い所で産卵しますが、ミツユビは日当たりの良い固い土を選んで産卵します。
日当たりの良い場所も、卵を掘り出しやすいように柔らかい土に改良してあるのですが、ミツユビにしっかり踏み固められちゃうと、結構掘るのが大変なので、産卵期間中は毎日15:00~19:00まで1時間おきに産卵チェックが必要です。

来週末から家を空けるので、なんとしても今週には1クラッチ目を産んでほしいです。
この大事な時期に留守にするのは、ホント心苦しいです。

[PR]

by pink-ponta | 2014-05-27 12:28 | 産卵・孵化 | Comments(0)

【ゼニガメ】という種類のカメ

先日、小学校の同窓会がありまして・・・
同級生のUっちゃんがカメを飼ってる事を知りました。

Uっちゃん:「私ね、15年ぐらいカメ飼ってるの♡」
ぽんた:「私も飼ってるんだよ~、まさかこんな場でカメ飼いに出会えるとはねぇ」
Uちゃん:「うちのこ【ゼニガメ】って種類なんだけど、よく慣れるしカメってかわいいよね~♡」
ぽんた:「イシガメ?クサガメ?」
Uっちゃん:「ん?・・・うちのこは【ゼニガメ】っていう種類だよ~」
ぽんた:「・・・」
Uっちゃん:「だって、買った時【ゼニガメ】って書いてあったもん」

彼女はミドリガメと【ゼニガメ】が違う事は知っていましたが、ニホンイシガメやクサガメの存在自体を知らなかったのには驚きです。

15年も大事に飼ってた【ゼニガメ】が、ニホンイシガメかクサガメかなんて、彼女にとってはどうでもいいことかもしれないけど、『カメ飼い』の私としましては、そこははっきりさせたいトコでして・・・

ぽんた:「顔に黄色~緑っぽい柄ある?」
Uっちゃん:「柄?ん~どうだっけな?」
ぽんた:「甲羅の色は?」
Uっちゃん:「茶色っぽい?あれ?黒っぽい・・・?」
ぽんた:「目はどんな感じ?まっ黒?」
Uっちゃん:「黒い」
ぽんた:「キールある?」
Uっちゃん:「キールって?」
ぽんた:「甲羅がつるりんとしてる?それとも3本の山みたいのがある?」(キールの説明難しい・・・)
Uっちゃん:「真ん中に線がある!・・・でも、つるりんとしてる」

結局、【ゼニガメ】の正体、判断ができませんでした~(情けないです)

で、うちのトウブハコの写真見て

Uっちゃん:「うちのと、ちょっと違う・・・」
ぽんた:(ちょっとじゃないけど・・・ま、いっかぁ~)


最近でもホームセンターのペットコーナーで、【ゼニガメ】って表記されてるの見たことあるけど、
あの表記の仕方はちょっと問題あり・・・と思うのは私だけ?


[PR]

by pink-ponta | 2014-05-22 14:43 | その他 | Comments(0)

出張お見合いで授かった仔

我家に1匹だけいるガルフコースト♀の『くら』
2005産tenさんブリード個体です。甲羅には細かな斑紋があり、なかなか綺麗な個体です。

a0090107_18213714.jpg
元々繁殖させる予定はなかったのですが、
偶然、知人(←カメ飼いじゃない)の知人がガルフ♂を飼っていて、2012秋お見合いする事になりました。

『くら』は7歳でしたが、ワイルド育ちなので性成熟するのはもう少し先かなとの思いもあり、あまり期待はしてなかったんです。

しかし、翌年2013夏、産んでくれました~
2クラッチで10個(うち無精卵4個)。
半日のお見合いで6匹孵化!上出来です!
a0090107_18220922.jpg
今、手元にいる子は2匹。9cmに育ちました。
甲羅の柄もお母さん譲りで、花火柄。
a0090107_18222849.jpg
頬の黄色ラインも『くら』譲り。

元々繁殖させる予定はなかった・・・と言いつつ、
こんなに簡単に受精しちゃうんだったら、定期的にお見合いをさせてもらおうかと思いましたが、
なんと、この仔たちのお父さん、お見合いした翌春から、姿を消してしまったそうです。
冬眠中に★になったのか、逃亡したのかは不明とのこと。

この飼育者の方はカメ飼いではなく、偶然知人から譲ってもらって、飼育していた期間は2年弱。
前飼育者から【庭に囲い作れば勝手に冬眠するし、丈夫で簡単に飼育できるよ~】とだけ聞いて引取ったようなので、認識が甘かったのかもしれません。

カメ飼いでない人が偶然飼っていたガルフと偶然お見合いすることになった我家の『くら』
偶然の重なりで産まれてきたガルベビ。

殖やすつもりなかったのに、このガルベビ達見ると・・・やっぱり殖やしたい!って衝動に。

今は未亡人(?)の『くら』
せっかく産卵できるサイズになったのだから、このまま産卵をさせ続けたいトコですが、
気にいったアダルト♂が見つかるまではタネ切れですね・・・

まだ、お腹の中にタネ残ってるかもしれないので、ソコはちょっと期待!
[PR]

by pink-ponta | 2014-05-21 23:35 | ガルフコーストハコガメ | Comments(4)

サバクトゲオもうすぐ3歳

庭に出没するトカゲも触れない私が、こんなの飼えるかな~?
と、不安を抱えながらの飼育開始から2年半。
無事にみんな生きてます。

全然おっきくならない『こま』も久々の脱皮。
a0090107_18070432.jpg
只今47g
ちょっとは成長してるみたい。
日光浴させると、頭部はオレンジ系、体は黄色系に発色します。
a0090107_18062500.jpg


『つな』は激しく脱皮中。 順調に成長していて、只今124g
a0090107_18064270.jpg



ハチュネタではありませんが、
昨日、小学校の同窓会がありまして・・・
調子こいて、ピンク・レディーメドレー踊ったら、本日筋肉痛なり007.gif

【変な人】って思われるコト間違いなしなので、ハチュ飼いであることはカミングアウトできませんでした。
[PR]

by pink-ponta | 2014-05-18 20:21 | Comments(0)

ミスクレ殖えました

ミステリークレイフィッシュの『エビちゃん』が初抱卵したのは2年前。
100個ぐらいの卵持ってたんだけど、どんどん放卵して、孵化した稚ザリは結局25匹。
その稚ザリもどんどん淘汰されて、育ったのは最終的には『エビ蔵』君1匹だけ。

その後、『エビちゃん』も『エビ蔵』君も抱卵しましたが孵化させる事ができず、
昨夏、思い切って屋外飼育にしてみましたところ、秋には稚ザリがウヨウヨ~な状態に003.gif

そのまま屋外で放置して、先日水替えがてら稚ザリの様子を確認しました。
a0090107_18393466.jpg
20数匹生存確認できましたが、移動させる時に私がつぶしちゃったっぽい仔、数匹007.gif
(昨秋には50匹以上いたはずだけど・・・)

親ザリは『エビちゃん』&『エビ蔵』君、2匹いたのに、1匹しかいない007.gif
a0090107_18394814.jpg
サイズからみて、生き残ったのは『エビちゃん』かな?
ってか、ザリガニって3年も生きるのかな~?
『エビ蔵』君が急成長したのかも・・・
クローンだから、個体の特徴ナシなので、正直どっちかわかんない。

稚ザリ達は、今2~3㎝。
繁殖できるサイズまで半年は掛かりそうです。
このうち、何匹が親サイズまで育つんだろうか?

♂♀なく、1匹で繁殖する【ミステリークレイフィッシュ】
いっぱい殖えたら、カメ餌にするつもりだったけど・・・
まだ、そこに至っていません。
ミスクレの飼育&繁殖、なかなか難しいです。

実際、カメの繁殖より難しい・・・ですね。







[PR]

by pink-ponta | 2014-05-14 20:08 | ミステリークレイフィッシュ | Comments(0)

2014産卵予想

冬眠明け後、まだ給餌もままならない中、
気が早いけど、今年の産卵はどーかな~とワクワクドキドキしている私です。

よそ様んちの屋外飼育下では、5月下旬頃より産卵情報がちらほら聞こえる中、
我家では、それに遅れて6月上旬から産卵が始まります。

私の記憶では、昨年のGW明け頃の気候は結構肌寒い日が続いて、そのまま梅雨入りしてしまったという感じがありますが、
今年は、そこまで寒くはなく、このまま気温が安定していたら、5月下旬にはもしかしたら産んじゃうかもです。
a0090107_13195075.jpg
これは、私が毎年産卵の目安にしている潮見カレンダー。

今月最終週は大潮が続きます。
このあたりで来るんじゃないかな~と期待しています。
どうでしょう?

[PR]

by pink-ponta | 2014-05-13 13:39 | 産卵・孵化 | Comments(0)

泥棒対策

カメを屋外飼育することは、ケージ飼育より断然楽ちんだし、カメにとってものびのび行動できるので、お勧めなんですが・・・

人間の泥棒、カラスの泥棒、ネコの泥棒(?)
もぐらやイタチにやられた~!って話も聞きますし、カメ自身の脱走も・・・
あれやこれやと対策が必要です。

我家の一番の悩みのタネはネコ!
まだ、ネコにさらわれたってのはないんですが、野良ネコのうんち被害にホトホト参っています。
a0090107_17170598.jpg
カラス対策は、ベビースペースをメッシュネットで覆えばなんとかなるんですが、野良ネコの侵入を完全に防ぐのは不可能です。

ゴールデンウィーク前に池の掃除をしたばかりなので、今は池底のどじょうまで見えて気持ちいいです。

泥をかぶったハコガメ達もお構いなしに池に入るので、すぐ泥池になっちゃうんですよね~。
撮影していたらキボシイシガメ♂の『ボケ』ちゃんが池底から上がってきました。
a0090107_17230699.jpg
この個体、甲羅もビッグスポットで綺麗ですが、頭部のドットもかなりのモノです。




[PR]

by pink-ponta | 2014-05-10 17:32 | 飼育環境 | Comments(4)

保温飼育から屋外飼育への移行のタイミング

ぬくぬくと、保温ケージで飼育中のベビハコ達。

もうそろそろ屋外に出してもいいかな~とも思いますが、まだまだ小寒い日もあったり・・・で、いつ外に出そうかと躊躇しています。

せっかく、ここまで順調に育ってきたのに、外に出したとたん、体調崩しちゃったら悲しいし。
でも、思いもよらず大きくなりすぎて、ケージ飼育ではもう限界!

個別飼育じゃないので噛まれちゃう子もいて、尾切れや、爪飛びのリスクもあり。
噛む力も強くなってるので、負傷者は結構な大怪我・・・

小寒い屋外か狭い保温ケージか・・・どちらもリスクがあって、迷っています。


[PR]

by pink-ponta | 2014-05-09 17:52 | 飼育環境 | Comments(0)

冬眠明けの給餌

毎年、冬眠明け後の給餌に一番苦労するのが、トウブハコガメ。

トウブで配合食べ始めたのは、『ぶーちゃん』のみ。
ジャイアントミルワームにも興味示さず。

先日の雨の日、カメ庭にカタツムリがいっぱいいたので、目の前に集めてあげましたが、まったく無視。
a0090107_15105067.jpg
産卵シーズンまで1~2ヶ月しかないので、この時期、しっかり食べてもらいたいんだけど・・・
とにかく、何か食べてくれれば活性化されるんですけどね。

腐りかけのバナナもダメだったけど、腐りかけのイチゴはどうかな・・・?
a0090107_15094554.jpg
やったぁ~!
【腐りかけのイチゴ】いい感じです049.gif
a0090107_15111817.jpg
ベビー達はしっかり配合食べてるので与える必要はないのですが、試しに与えてみたら喜んで食べていました。
腐りかけのイチゴでごめんなさい。
[PR]

by pink-ponta | 2014-05-06 15:37 | トウブハコガメ | Comments(0)

♀も盛る?

トウブハコガメ♀の『じゃじゃうま』
a0090107_20131721.jpg
アメリカハコガメは♂の眼が赤くなる事は広く知られています。
しかし、稀に♀でも赤い眼の個体がいることも、しばしば聞きます。
この『じゃじゃうま』も、♀でありながら、眼が赤いです。

そして、アメリカハコガメは♂の腹甲が凹む事も広く知られています。
しかし、この『じゃじゃうま』は♀でありながら、腹甲が凹んでいます。

尻尾こそ短いものの、アメリカハコガメの♂の特徴をふんだんに備えています。
そして、極めつけが・・・(驚!)
a0090107_20134406.jpg
♀の『ぶーちゃん』にマウント(昨年5月下旬撮影)

遭遇した時は、かなりショッキングでした。

まさか、まさか・・・♂?
とも疑いましたが、卵も産んでるし・・・
[PR]

by pink-ponta | 2014-05-05 20:39 | トウブハコガメ | Comments(0)