気ままなガメラ

最新のコメント
@くろいみかんさん 激..
by pink-ponta at 00:04
お返事ありがとうございま..
by くろいみかん at 23:10
@くろいみかんさん は..
by pink-ponta at 17:57
@ダイオウイカさん ダ..
by pink-ponta at 17:49
はじめまして。 今年行..
by くろいみかん at 23:24
うちもやられたことがある..
by ダイオウイカ at 20:48
@ダイオウイカさん コ..
by pink-ponta at 01:12
お久しぶりです。 ずっ..
by ダイオウイカ at 21:14
@チアキさん とんぶり..
by pink-ponta at 17:52
ぽんたさん こんにちわ~..
by チアキ at 17:17
最新の記事
ぶりくら行けなかった
at 2018-10-08 22:45
2018ぶりくら出店
at 2018-10-05 17:16
孵卵温度25度で90日
at 2018-10-05 17:06
2013CBトウブハコガメ初産卵
at 2018-10-05 16:19
ようこそ我が家へ
at 2017-11-23 12:52
カテゴリ
気ままに巡回(勝手にリンク)
画像一覧
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル

<   2011年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧


ハッチ開始から30時間以上経過

産卵から64日目のミツユビ卵。
昨日から、卵は割れ始めたんですけど…
なかなか出てきませんね~
a0090107_111963.jpg
昨日からほとんど変化なし。
ベロンとめくれば、ポロンと出てきそうなんだけど、ここは我慢!

卵の裏側見ると、まだオレンジ色のヨークサックが大きい感じで透けて見える。
もう少し殻の中にいたほうが良さそうです。
[PR]

by pink-ponta | 2011-08-26 11:28 | 産卵・孵化 | Comments(0)

性別が変わった?

2006年9月から飼育しているトウブハコガメ♀の『じゃじゃうま』
入手時すでにアダルトで、同時入手の♂との交尾は見られたものの、産卵の確認なし。
その後、♂は★に…

2006年産の♂『ぶんぶん』がそろそろいい感じのサイズになり、今年の繁殖に期待をしていましたが、今年も産卵の確認なし。

で、ここにきて、『じゃじゃうま』の性別に疑問が…
a0090107_16483391.jpg
最近、目が赤くなってきました。
a0090107_16495654.jpg
腹甲が凹んできました。
a0090107_16505131.jpg
尻尾は♀っぽいんだけど…

【IS】…インターセクシャル?
性器、卵巣・精巣といった性腺、染色体等が男性型・女性型のどちらかに統一されていないか、または判別しにくい等の状態。
[PR]

by pink-ponta | 2011-08-25 16:57 | トウブハコガメ | Comments(0)

キボシの飼育の仕方がわかりません

今まで飼育らしい『飼育』をしたことがなく…

メタハラとか、UVBとか聞いたことはあるけど、さて実際には何が必要で何が不必要?
今さらながらですが、猛勉強中。

カメを飼い出してから、ほとんど爬虫類ショップには行ったことがなく(行ってもレプトミン買うぐらい)、お店の人とも面識がない。
いろんなHPからあれこれの情報を得たうえで、今日、器具を買いそろえるつもりでハチュショップに行ってまいりました。
お店の人からもアドバイスを受けながらなんとなくイメージが湧いてきました。

水槽は手持ちの45㎝を使用なので、光熱器具はそれに見合ったものを。

UV灯:UVBレプタイルランプ27W+カバー(カミハタ)
UV灯用ソケット:クリップスタンドTERA(カミハタ)
スポットライト:TURTLE TUFF 50W(ZOO MED)
スポットライト用ソケット:ひまわり
水中ヒーター:サーモスタットとセットの100W(GEX)
水中ヒーター用カバー
水温計
ホットスポットになる足場

とりあえずこんな感じでまとまりましたが…
とりあえず保留にして今日は買わず。

ひとつ私的に躊躇するのが、水中ヒーター。
簡易的なサーモ内蔵の26度設定の単体ヒーターじゃいけないのでしょうか?

お店の人は、キボシのベビーは特に高温を好むので28~30度ぐらいの水温設定が必要だとおっしゃってました。
どこかのHPには、水温があまり高いと水に入りたがらない…みたいなコトが書いてあったような気がするし…。

実際のところ、サーモ内蔵の26度設定の単体ヒーターではリスクがあるのでしょうか?

その他、これを使用した方がいい!とかのアドバイスもいただければ…と思っています。
[PR]

by pink-ponta | 2011-08-22 23:36 | キボシイシガメ | Comments(10)

磨けば光る

昨年我家で孵化したキボシベビー『キキ』&『ララ』
孵化後初の冬もベビースペースにて屋外冬眠でした。
a0090107_1437577.jpg
『キキ』3.5㎝、『ララ』4.5㎝
冬眠明け後からの生育の差が顕著。

『キキ』はハッチ時からビッグスポットで綺麗だったのですが、ここにきてスポットが消えた…?
期待を込め、歯ブラシでゴシゴシ…
a0090107_14481126.jpg
ビッグスポットは健在でした003.gif
[PR]

by pink-ponta | 2011-08-21 14:51 | キボシイシガメ | Comments(0)

プロポリス

我家の常備薬【プロポリス】原液タイプ
a0090107_07915.jpg


我家ではカメはすべて屋外飼育。
真夏のカメさん達の餌やり・観察、常に屋外なんです。

街中とはいえ、池もあり原っぱもある状況なので、蚊への対策は必須。
カメ庭に行く時には常に私の周りに3か所の蚊取り線香を携えて、自身には虫よけスプレーをまんべんなく振りかけて…。
それでも、蚊にさされてしまうこともあります…

万が一蚊に刺されたとしても、ムヒなど普通の市販薬で治まることがほとんどなのですが…。
場合によっては、何日もかゆみが治まらない毒素を伴った蚊にさされることもあり…

そんな時にはこのプロポリスの出番です049.gif
効果テキメン!

ネチョネチョの液体で、衣服に付いたら取れない…などの不便さはあるけど、ぶりかえす痒みに悩まされるより全然OK。
a0090107_0341842.jpg
しわくちゃ・真っ黒(カメの世話のせいです)な腕を披露してすみません。
3日間市販の薬塗りつつ我慢してきたけど、これで痒みとはオサラバ!

とりあえず、虫さされ(蚊・ムカデ・ダニ・ブヨ等)・植物かぶれ(うるし等)・オデキ(ニキビ以外のデキモノ)・サンゴかぶれ・海藻かぶれ(ダイバーは経験あるかも)それらには効果アリ!(実証済み)

秘密の万能薬…と我家(私以外はネチョネチョに抵抗があってココぞ!という時以外は拒否…)では絶賛してますが
私自身、実際私がアシナガバチに刺された時(2度目)には、処方するのをためらってしまいました。
ハチに刺されてハチのエキス?って…
今思えば、人体実験しとけば良かったと…。

ちなみに、今使ってるのはハワイ産。
初めて使用したのはオーストリア産。
どちらも推奨!(経験済み)

ブラジル産、日本でも通販されてるみたいですが、メチャ高!

回しものではないですが…
ハワイ産も通販されてます(2000円ぐらい)

是非、1家に1個…
ここぞという時に役立ちます!(飲用目的じゃなければ賞味期限は無視)
[PR]

by pink-ponta | 2011-08-20 01:06 | その他 | Comments(0)

ハチュデビュー…?

実は私…(ってか、以前から公言していますが)
【自称:ハチュ嫌いのカメ飼い】…なのです。

そんな私がカエルを捕まえました!
それもなんと素手で066.gif
快挙です!

先日、2㎝ぐらいの緑色のカエルを発見しまして、
ちょうどその日一緒にいたジュニジュニpart1(1歳6ヶ月)にどうしても見せたくって、
私としたことがなにを血迷ったか、とっさに捕獲しようと必死になって…

その時の想いは、ジュニジュニにはせめてカエルやトカゲやコオロギぐらい捕まえれる男子になってほしい、
今頃からナマと触れあったら、そんな男子になれるんではないかと。

なんとか捕まえて、両手でぎゅっと閉じてジュニジュニpart1の前に差し出して…
そ~っと手のひらを開けてみせたのね、(ジュニジュニは手のひらの中に興味津々)
そしたらいきなり手のひらから飛び出て…
ギャーッと叫びながらまた捕まえて、もう一度見せようとしたんだけど…
ジュニジュニpart1に、おもいっきり拒否られました007.gif

ハチュ好きにならなくてもいいけど…この飛び出たカエルのおかげでハチュ嫌いになっちゃうかも。


って、書いてる途中でカエルがハチュじゃないことに気付きましたが…(ま、いっかぁ)

いくら2㎝ほどのカエルとはいえ、それを捕まえちゃう私って、ハチュ飼い(注1)に近づいてるかも…

で、そのカエル…何ガエルかわかりませんが、昔から日本の田んぼにいるようなちっちゃいカエル。
カエルの姿になった時点でもう大人なのに、カエルの姿のまま、まだ大きくなるのかな?
あのサイズだったら、うちのカメ庭で飼ってもいいかなぁ~と、ふと頭をよぎったのでした。


(注1)
【ハチュ飼い】の定義とは…ヘビ・トカゲ・カエル等、ゲテモノといわれる生物を飼っている人。また、それらの餌として、ネズミの仔・コオロギ・デュビア(ゴキブリの類)・ワーム等に触れる人。
それらを総称して【ハチュ飼い】といいます。
[PR]

by pink-ponta | 2011-08-19 20:49 | その他 | Comments(2)

拾いガメ2号・3号

昨日に続き、今日はベビースペースにて2匹のハッチ直後のイシガメベビーを発見。
a0090107_19464340.jpg
昨日のベビーと同サイズ、卵嘴もまだついてます。
おそらく、昨日のベビーと同クラッチの兄弟と思われます。
a0090107_19483311.jpg
1匹だけだと思ってたのに、実は3兄弟…イヤ、まだいるかもですが。

ってことは、
昨日見つけた脱出穴には3個分の殻はなかったわけだから
別の個体が産んだ卵ってことになります。

ハコガメに食われる前に、
ネズミに食われる前に…
何としてでも探し出さねば!
[PR]

by pink-ponta | 2011-08-17 19:57 | ニホンイシガメ | Comments(0)

強い生命もあれば、その逆も…

6月24日産卵のキボシ卵3個。
先日孵化したキボシ卵の孵化日数より早い50日めでのハッチ開始。
a0090107_11382878.jpg
首の部分が殻に挟まってる?大丈夫か?なんだか、弱々しい感じもする。

ここで手助けすると、おそらくヨークサックは特大状態…様子をみることに。
翌日見てみると、3/4ぐらい殻から出た状態で、すでに息絶えていた…
a0090107_1237455.jpg
ヨークサックも想像していた以上に大きい。
甲羅も通常の孵化仔よりも柔らかい。
無事に産まれていたとしても、長生きはできなかっただろうな…
a0090107_15284560.jpg
ビッグスポットでなかなかのべっぴんさんでした。

同クラッチの他の2卵は、1日遅れでハッチ開始し、無事に誕生しました。
[PR]

by pink-ponta | 2011-08-17 15:32 | 産卵・孵化 | Comments(0)

拾いガメ1号

カメ池の浅場でヨチヨチ歩くカメベビー発見!
a0090107_1539263.jpg
ニホンイシガメ…かな?

まだ他にもいるはず…とカメ庭を探しましたが発見できず。出てきた穴も見つけられず…。
ま、そのうちひょっこり出てくるかな~
ハコガメに見つかったらガブッとされちゃうよね…

ところが偶然、カメ庭以外の砂利の場所に3㎝ほどの穴を発見。
もしや…と思い穴に触れた途端、砂利穴は崩れてしまったけど、スコップで掘り返したら、1個分相当の抜け殻がありました。

このニホンイシガメ、カメ庭から脱走してどこにでも徘徊するので、産卵場所は予測不能。
脱走しても土の場所はいくらでもあるのに、こんな砂利のところに産卵するなんて意味不明。

それににしても、こんなカラカラの場所のゴツゴツの砂利の中から這い出てくるベビーってすごい!
どうやってカメ庭の池までたどり着いたのかわかんないけど、カメの本能にはビックリ!

今年は偶然1クラめのベビーも回収できたし、2・3クラめのタマゴも偶然回収できたけど、
我家のニホンイシガメの飼育環境から言えばすべてが奇跡です。

ってか、ニホンイシの1クラッチ1個って、少な過ぎですよね。
2・3クラめも2個ずつだし…
体の割に産卵数少ないのね。
[PR]

by pink-ponta | 2011-08-16 16:12 | ニホンイシガメ | Comments(2)

孵化シーズン

今年一番のハッチはキボシイシガメ

6月17日産卵、54日目でハッチ開始55日目に誕生しました。
キボシの場合、1クラッチめの卵は真夏の時期に高い気温で保管しているので50日以内に産まれることが多いのですが、今回は孵卵期間がちょっと長かったため、ヨークサックもほとんど吸収されてる状態でした。
a0090107_1221471.jpg
通常のキボシ卵に比べ、チビチビサイズの超チビタマだったので、チビチビベビーです。

昨年もチビタマから産まれたチビキボさんが2匹いましたが、冬眠前に1匹★、冬眠明け後に1匹★…

今回のチビチビベビーはちゃんと育ってくれるのかな?育ってほしいな…
[PR]

by pink-ponta | 2011-08-12 12:08 | キボシイシガメ | Comments(0)