気ままなガメラ


ガメラの仲間たち
by ぽんた
最新の記事
ようこそ我が家へ
at 2017-11-23 12:52
顔覚えるの苦手です
at 2017-11-21 15:22
ぶりくらにて、あれこれGET
at 2017-10-04 17:49
明日はぶりくらですね
at 2017-09-30 17:03
3か月ぶりの御対面
at 2017-08-08 18:30
カテゴリ
気ままに巡回(勝手にリンク)
画像一覧
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル

小さく産まれた孵化ベビーのその後

8月下旬に孵化したミツユビハコガメ『ルビー』のベビー3匹。
他の♀が産む卵より小さかったけど、順調に発生し孵化日数も通常通りに孵化しましたが・・・
2匹は全く何も食べてくれず、生後2ヶ月で相次いで★に(泣)
ミミズもダンゴムシもミルワームにも反応してくれなきゃお手上げです。
体は小さいものの弱々しさもなかったので、なんとか育ってくれるかな~と期待していたんですが残念です。

残るもう1匹も同じように小サイズでしたが、配合にも餌付いてて、ちょっとだけ成長しました。
a0090107_13393730.jpg
ハデなスポットではなく、細かな柄がくっきりと~(出る予感)、前肢と顔の真っ黒さもいい感じ。


10月上旬に自然孵化したキボシイシガメのベビーも通常の仔より小さかったのですが・・・
捕獲してからもうすぐ1ヶ月・・・、この仔もまだ何も食べていません。
ぐったりしてる訳ではないので、なんとかすればなんとかなるかも・・・なのですが、乾燥エビも活稚ザリにも反応しないので・・・
もう、覚悟はできています。


2週間前に拾ったトウブハコガメのベビー『ぶちハイエナ』も通常より小ぶりサイズでしたが、この仔は難なく配合に餌付いてひと安心。
a0090107_1813610.jpg
相変わらずハイエナ柄ですが、前肢外側と顔の真っ黒さ、前肢内側のオレンジ感が将来を期待させてくれます。


カメの孵化に成功してから10年経過しました。
未熟な経験のために、犠牲にしたベビーも数十匹。
これまでの間、多くのカメ仲間の先輩方にあれこれ指導していただきながら助けられ、なんとか80%ぐらいの生存率でベビーを育てられるようになりました。
そして、生まれながらにして弱い仔については、「何してもダメな仔もいるさ」との助言もいただき、落ち込んだ気持ちが救われた事もありました。

せっかく生ませた命(←人工孵化)なので、100%生存させたいとの願いはありますが、なかなかそう思うようにはなりません。
今は、「自然界だったら、もっと生存率低いよね~」ぐらいの気持ちでベビー飼育に向き合ってる感じです。

でも、ダメかも・・・と思った仔がちゃんと育ってくれると、嬉しさ倍増です。
[PR]

by pink-ponta | 2013-10-31 14:46 | 産卵・孵化
<< 孵卵期の中期で掘りだした卵のその後 2歳で性成熟? >>