気ままなガメラ


ガメラの仲間たち
by ぽんた
最新のコメント
@カギコメ『K』さん ..
by pink-ponta at 21:43
@カギコメ『Y』さん ..
by pink-ponta at 21:42
すいませんコメント重複し..
by ティト at 08:49
@ティトさん コメント..
by pink-ponta at 00:11
はじめまして キボシい..
by ティト at 20:45
はじめまして キボシい..
by ティト at 20:44
@マツさん なったこと..
by pink-ponta at 03:01
ぎっくり腰ですか!?なっ..
by マツ at 20:04
@☆ひろ☆さん メッチ..
by pink-ponta at 22:51
4.7cmだと大きいです..
by ☆ひろ☆ at 21:10
最新の記事
ドロ団子
at 2017-04-24 16:49
扁平になってしまった
at 2017-04-23 15:54
2017冬眠明け
at 2017-04-21 17:02
2016ぶりくら市に出店させ..
at 2016-11-05 13:06
キボシベビーの餌
at 2016-10-28 16:15
カテゴリ
気ままに巡回(勝手にリンク)
画像一覧
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル

カテゴリ:飼育環境( 33 )


【クール】インキュベーター

すったもんだありましたが、めでたくクールインキュベーターが到着006.gif
とりあえず1個から試してみるつもりでしたが、今回のゴタゴタで、2個同時に導入ということになりました。
a0090107_20263078.jpg

我が家では5月中の産卵はほとんどないのですが、5月20日~が大潮なので、それまでに起動させて温度調整の確認を。
30分足らずで設定温度に到達しました。

カメの種類によって、TSD(温度感受性性決定)の温度は違うみたいですが、
『キボシイシガメの場合』
22.5-27度で全部♂
27.9-29.5度で両方
30度以上で全部♀
とのことなので、25度(♂狙い)、31度(♀狙い)に設定してみました。
アメハコ・セマルもこの温度でいいのかな?ど~なんだろ?

またカメの種類によっては、TSDによらず、産み落とされた時点で性別が決まっている種もいるようです。不思議ですね。
[PR]

by pink-ponta | 2016-05-11 20:30 | 飼育環境 | Comments(2)

インキュベーターが届いた

以前から気になっていたインキュベーター。
カメの卵の温度管理をする機械です。
いや、本来の使い道は実験とか研究に使用するものらしいのですが・・・

でも、カメ飼育者の間では『卵の温度管理』の目的で使用されています。

我が家では、回収した卵を発泡スチロールの箱に入れ、室内の日の当たらないところで管理しているのですが、昨年は真夏の猛暑で、回収した有精卵のうち30%が発生中止、もしくは孵化直前の死籠りという結果になってしまいました。
そこでようやくインキュベーターの導入に踏み切りました。

製品の特長など、ネットで調べていたはずだったのですが、『楽天スーパーセール』ポイント狙いで焦って注文してしまい、届いたインキュベーターの箱見てビックリ!
a0090107_15384312.jpg
めちゃデカッ
玄関にギリギリ入りました(汗)
ってか おもっ

私の力ではビクともしません008.gif

なんと、返品不可だってさ・・・

大は小を兼ねる?
我が家の産卵数はせいぜい100個程度。
この機械にはおそらく500個以上の卵入るんじゃない?
将来500個の孵卵目標にとりあえず使ってみるか・・・

もうひとつオマケ
このインキュベーターの温度設定『+5℃~60℃』と思ってたんだけど、『室温+5℃~60℃』だった・・・というオチ050.gif

まったく使い物にならないシロモノってことでした!!
[PR]

by pink-ponta | 2016-04-16 16:40 | 飼育環境 | Comments(2)

2016シーズン開幕

昨秋から壊れてたカメ池のポンプもメンテしてもらい、動くようになりました。
池底に溜まったドロまで吸い込んでしまうので、「この使い方ではポンプがすぐダメになるよ」って、ポンプ屋さんのおじさんにいつも注意されてます。
ま、今回はとりあえず動いたので良かった~

5か月もポンプ作動させていない池は、まさに緑池!
a0090107_1653210.jpg
恒例行事の池の大掃除に取り掛かりました。

水を抜きながらメダカやらドジョウやらを避難させて、池底に溜まったドロもすくい出し・・・
キボシイシガメの識別確認と健康チェック。
a0090107_16142761.jpg

悟空・ボケ・くろちゃん・ももちゃん・流星・ほしこ・名無しのその1・名無しのその2。
カメ池のキボシ8匹、全員無事です。

3時間かけて大掃除終了!
今回は一人での作業だったので、メチャ大変でした。腰痛ハンパねぇ…
a0090107_1616487.jpg
水全部取り替えても、ドロもほとんどすくい出しても、まだ水が濁ってる(泣)
a0090107_1621317.jpg
ま、水中のカメの様子は確認できるので、良しとしましょう!

今シーズンもよろしくお願いします。
[PR]

by pink-ponta | 2016-04-14 16:26 | 飼育環境 | Comments(0)

カメ庭大改造 3日目

花壇の周りをブロックで囲んで飼育場に。
a0090107_18332447.jpg
800×4600
場合によっては、真ん中で間仕切り可能。

屋根の設置はそのうちに・・・
ってことで、カメ庭の大改造終了!
ご苦労様でした。
感謝、感謝!

なんか、まだまだ違う種類も飼えそうな気がしてきた013.gif
[PR]

by pink-ponta | 2015-10-03 18:38 | 飼育環境 | Comments(4)

カメ庭大改造 2日目

こちらは、ほぼ完成
a0090107_18281943.jpg
6区画できました。
900×1100 5区画
900×1400 1区画

作業に邪魔だと、花壇の花もばっさり!!
根こそぎ抜かれちゃった056.gifも・・・007.gif
[PR]

by pink-ponta | 2015-10-03 14:15 | 飼育環境 | Comments(2)

カメ庭大改造

アメハコのジュニア達もそろそろお年頃。
亜種別に飼育場は分けていますが、飼育スペースが手狭になってきました。

特にトウブハコガメは、せっかくなら親個体がはっきりわかるようにコロニーで飼育したいな・・・と。
産卵用のスペースも欲しいし、飼育種が増えるかも028.gifだし。

漠然と考えていたんですが・・・
急遽、ホントに突然「明日やるぞ!」とボス。

まだ、構想練ってないし・・・
やりながら考えればいいんだって

ということで、本日決行
a0090107_1475259.jpg
まずはウッドデッキを撤去。
ここで5スペース分は確保できるかな?

a0090107_1436856.jpg
ここも飼育場にできそう。
3スペース確保。

a0090107_14392814.jpg
池の周りはそのまま。
邪魔なソテツ抜いてもらいました。
[PR]

by pink-ponta | 2015-10-01 14:41 | 飼育環境 | Comments(4)

脚 食べられました

スペースの都合上、多頭飼いしています。

ベビーの多頭飼いでは指先かじられたり、尻尾かじられたり。
屋外飼育でも、マイコレ増やし過ぎて、少々過密かな?とは思っていたんですが・・・
a0090107_1245937.jpg
なんか歩き方変だな?って見てみたら、後ろ脚がない・・・
人間でいうと、モモの辺りから。

今は隔離して広々スペースで単独飼い。
食欲はあるので弱ってはなさそう。

カメ庭の大改造構想中。
[PR]

by pink-ponta | 2015-09-18 13:06 | 飼育環境 | Comments(2)

見せしめに『イヤガラス』

我が家ではカラス被害の心配はないな~と思っていたのですが、
今年の春先からカメ庭の上空を飛び回っているのを発見し、
ついには、カメ庭に降りて餌をついばんでるところに遭遇033.gif

まさか?まさか?手遅れか?007.gif

大丈夫でした。全員の生存を確認できました。

でも、今後は油断大敵!
ベビーはネットで囲ってありますが、中サイズのハコガメ、キボシが狙われる可能性があります。
それで、カラス被害対策を思案。

我が家のカメ庭の構造上、全体をネットで覆うのは不可能なので・・・
こんな方法を
a0090107_16473284.jpg
ここに近づいたらこんな目に遭うぞ!

死んだカラスの逆さずり!

見せしめの『イヤガラス』めっちゃリアルです。
[PR]

by pink-ponta | 2015-06-19 16:51 | 飼育環境 | Comments(2)

泥棒対策

カメを屋外飼育することは、ケージ飼育より断然楽ちんだし、カメにとってものびのび行動できるので、お勧めなんですが・・・

人間の泥棒、カラスの泥棒、ネコの泥棒(?)
もぐらやイタチにやられた~!って話も聞きますし、カメ自身の脱走も・・・
あれやこれやと対策が必要です。

我家の一番の悩みのタネはネコ!
まだ、ネコにさらわれたってのはないんですが、野良ネコのうんち被害にホトホト参っています。
a0090107_17170598.jpg
カラス対策は、ベビースペースをメッシュネットで覆えばなんとかなるんですが、野良ネコの侵入を完全に防ぐのは不可能です。

ゴールデンウィーク前に池の掃除をしたばかりなので、今は池底のどじょうまで見えて気持ちいいです。

泥をかぶったハコガメ達もお構いなしに池に入るので、すぐ泥池になっちゃうんですよね~。
撮影していたらキボシイシガメ♂の『ボケ』ちゃんが池底から上がってきました。
a0090107_17230699.jpg
この個体、甲羅もビッグスポットで綺麗ですが、頭部のドットもかなりのモノです。




[PR]

by pink-ponta | 2014-05-10 17:32 | 飼育環境 | Comments(4)

保温飼育から屋外飼育への移行のタイミング

ぬくぬくと、保温ケージで飼育中のベビハコ達。

もうそろそろ屋外に出してもいいかな~とも思いますが、まだまだ小寒い日もあったり・・・で、いつ外に出そうかと躊躇しています。

せっかく、ここまで順調に育ってきたのに、外に出したとたん、体調崩しちゃったら悲しいし。
でも、思いもよらず大きくなりすぎて、ケージ飼育ではもう限界!

個別飼育じゃないので噛まれちゃう子もいて、尾切れや、爪飛びのリスクもあり。
噛む力も強くなってるので、負傷者は結構な大怪我・・・

小寒い屋外か狭い保温ケージか・・・どちらもリスクがあって、迷っています。


[PR]

by pink-ponta | 2014-05-09 17:52 | 飼育環境 | Comments(0)