気ままなガメラ


ガメラの仲間たち
by ぽんた
最新のコメント
@チアキさん とんぶり..
by pink-ponta at 17:52
ぽんたさん こんにちわ~..
by チアキ at 17:17
@ダイオウイカさん そ..
by pink-ponta at 02:50
おぉ、新入りがずいぶん増..
by ダイオウイカ at 22:42
@ダイオウイカさん 今..
by pink-ponta at 18:58
どーも。 ぶりくら、今..
by ダイオウイカ at 13:44
@ももたろうさん 滞り..
by pink-ponta at 22:55
ご親切にイベントの名前ま..
by ももたろう at 22:04
@ ももたろうさん ブ..
by pink-ponta at 21:30
ご返信ありがとうございま..
by ももたろう at 19:01
最新の記事
ようこそ我が家へ
at 2017-11-23 12:52
顔覚えるの苦手です
at 2017-11-21 15:22
ぶりくらにて、あれこれGET
at 2017-10-04 17:49
明日はぶりくらですね
at 2017-09-30 17:03
3か月ぶりの御対面
at 2017-08-08 18:30
カテゴリ
気ままに巡回(勝手にリンク)
画像一覧
記事ランキング
検索
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル

カテゴリ:ニホンイシガメ( 9 )


拾いガメ

ハコガメの産卵場でイシガメベビー発見
a0090107_1251395.jpg
ここにはイシガメを隔離したことはないんだけど、カメ池から遠征してきたのでしょう。
ハコガメには乗り越えられない壁でも、イシガメにとってはチョロイモノらしい。

ハコガメの産卵場にはたらいが埋め込んであるんですが、上にかぶせてあるネットの間からみんな仲良くそこに落ちてて、5匹揃って捕獲しました。
他にまだいないかな?と脱出穴を探して卵の数を確認したかったのですが、昨日の大雨の影響で穴らしきものは発見できず。
毎年拾いガメはいるのですが、大抵大雨の次の日。
雨で土が柔らかくなるのを待って、一斉に這い上がってくるようです。
a0090107_1335991.jpg
口先の卵嘴で卵を割って出てきます。
a0090107_1341779.jpg
地上に出てくるときには、ほぼお腹も閉じています。

カメ庭で産卵していたら、5匹とも無事に捕獲できたかどうか・・・
「ここなら安心、ぽんたに保護してもらえるぞ~」と♀親が思って、ココで産んだかは不明デス。
[PR]

by pink-ponta | 2016-09-21 13:14 | ニホンイシガメ | Comments(0)

ハイブリじゃなかった

数年前に和庭に引っ越ししたニホンイシガメですが、今春、カメ庭に連れ戻しました。
和庭ではミナミイシガメとクサガメとの雑居でしたので、ハイブリが産まれる可能性もありましたが、
孵化したベビーは純正ニホンイシガメでした。
a0090107_12341289.jpg

チェックポイント①顔の模様
チェックポイント②目
チェックポイント③手脚の赤いスジ
チェックポイント④甲羅のギザギザ
チェックポイント⑤腹甲の色
a0090107_12384466.jpg
a0090107_12391795.jpg


今回、確保できたのは1クラッチ分のみ
カメ庭のどこかにまだ産んであるはず。

ハコガメに見つかる前にヨチヨチベビーを発見できると良いのですが・・・
[PR]

by pink-ponta | 2016-08-12 12:43 | ニホンイシガメ | Comments(0)

野菜のおばあちゃんからの頂き物

息子のところへ、野菜をいっぱい持ってきてくれるおばあちゃんがいます。
80歳ぐらいなのですが、野菜以外にも養鶏・果樹、全部ひとりで管理してるパワフルおばあちゃん005.gif

昨日、その野菜のおばあちゃんが息子に「カメが畑で穴掘ってたんだけど、これ何ガメかね?」って、いつもの様に自転車にダンボールくくりつけて持ってきました。
a0090107_153682.jpg
立派なメスのニホンイシガメです。

「何食べるかわかんないから、葉っぱあげといたけど・・・」とのこと。(イヤイヤ、葉っぱは食べないでしょ~とは、ツッコンでないらしい)

何ガメか見て~から、いつのまにか持って帰ってね・・・ということになり、お持ち帰り。

穴掘り途中だったとのことなので、産卵プランターに隔離しましたが、産む気配なし。


にしても、おばあちゃんの畑の周辺には、清流が流れているような川はない。
ミドリガメが棲息していそうな池はあるけど、そんな所でニホンイシガメが棲息できるものなのか?
用水路もあるけど、護岸壁が高さ2mもあるので、そこをよじ登ってくるのも考えにくい。
どこから来たんでしょうね?

我が家の他のカメ達の産卵状況
キボシ1匹のみ・・・と、寂しい状況です。
今年はGW後の天気も安定していて、早く生み出すのでは?と期待していましたが、あてはずれ。
6月5日からの大潮週間、ポロポロと産んでくれるといいな。
[PR]

by pink-ponta | 2016-06-02 16:21 | ニホンイシガメ | Comments(2)

抱卵ゴロゴロ

別庭で外人さん達に管理してもらっているニホニシガメ♀を連れ帰ってきました。
a0090107_1803091.jpg
大きい子のお腹には卵ゴロゴロしてる。

キールのあるベビー出てくるかも。
産まれたら、要チェック!
[PR]

by pink-ponta | 2016-05-15 18:04 | ニホンイシガメ | Comments(0)

ニホンイシガメの♂♀サイズ

我家で飼育しているニホンイシガメは♀1:♂3
今年8匹の子亀をカメ庭で拾いました。

♀は17㎝のアダルトなんですが、♂軍団は10㎝程度。
まるで大人と子供って感じのサイズの差です。
a0090107_1654923.jpg
↑画像は♀の顔の前で、「ねぇ…ねぇ…いい?」とお伺いをしているところ。

水場でも陸場でも、常に顔の前で「ねぇ…ねぇ…いい?」ってやってます。

チビっちょの♂が、♀にアプローチする姿は、見ていても涙ぐましい…ってか、滑稽でもあります。
♀にしてみれば、さぞかしうっとうしいだろうな…と。

♀がOKした様子は見たことありませんが、小亀を授かったってことは、お許しを得た♂もいるみたい。


我家の他の飼育種ではこんなに♂♀の大きさに違いのある種はいません。
アメハコ種・キボシイシガメは♂♀の大きさに差がありませんし、セマルハコガメ・ミナミイシガメは少し♀が大きい程度。
ニホンイシガメの♂って、もともとこんなに小さいものなんでしょうか?
もしかして、まだまだ成長するのかな?
[PR]

by pink-ponta | 2011-09-29 17:42 | ニホンイシガメ | Comments(0)

拾いガメ2号・3号

昨日に続き、今日はベビースペースにて2匹のハッチ直後のイシガメベビーを発見。
a0090107_19464340.jpg
昨日のベビーと同サイズ、卵嘴もまだついてます。
おそらく、昨日のベビーと同クラッチの兄弟と思われます。
a0090107_19483311.jpg
1匹だけだと思ってたのに、実は3兄弟…イヤ、まだいるかもですが。

ってことは、
昨日見つけた脱出穴には3個分の殻はなかったわけだから
別の個体が産んだ卵ってことになります。

ハコガメに食われる前に、
ネズミに食われる前に…
何としてでも探し出さねば!
[PR]

by pink-ponta | 2011-08-17 19:57 | ニホンイシガメ | Comments(0)

拾いガメ1号

カメ池の浅場でヨチヨチ歩くカメベビー発見!
a0090107_1539263.jpg
ニホンイシガメ…かな?

まだ他にもいるはず…とカメ庭を探しましたが発見できず。出てきた穴も見つけられず…。
ま、そのうちひょっこり出てくるかな~
ハコガメに見つかったらガブッとされちゃうよね…

ところが偶然、カメ庭以外の砂利の場所に3㎝ほどの穴を発見。
もしや…と思い穴に触れた途端、砂利穴は崩れてしまったけど、スコップで掘り返したら、1個分相当の抜け殻がありました。

このニホンイシガメ、カメ庭から脱走してどこにでも徘徊するので、産卵場所は予測不能。
脱走しても土の場所はいくらでもあるのに、こんな砂利のところに産卵するなんて意味不明。

それににしても、こんなカラカラの場所のゴツゴツの砂利の中から這い出てくるベビーってすごい!
どうやってカメ庭の池までたどり着いたのかわかんないけど、カメの本能にはビックリ!

今年は偶然1クラめのベビーも回収できたし、2・3クラめのタマゴも偶然回収できたけど、
我家のニホンイシガメの飼育環境から言えばすべてが奇跡です。

ってか、ニホンイシの1クラッチ1個って、少な過ぎですよね。
2・3クラめも2個ずつだし…
体の割に産卵数少ないのね。
[PR]

by pink-ponta | 2011-08-16 16:12 | ニホンイシガメ | Comments(2)

和亀

カメ池で飼育していた和亀たちは、2007秋に和庭に引っ越しました。
で、その時まだ小さかった『大ちゃん』と『小ちゃん』は私の手元で育てようと思い、今もカメ池で生活しております。
a0090107_1714943.jpg
2匹が寄り添って泳いでる姿をよく見かけます。

大きいほうが『大ちゃん』で小さいほうが『小ちゃん』だったんだけど、小さかったほうが『大ちゃん』になったり、大きかったほうが『小ちゃん』になったりする可能性も…
ま、同じ顔してるからどっちでもいいよね~。

双子の赤ちゃんをもつお母さんも…
『あれっ!?どっちだっけ~?ま、いっか~』ってこともあるよね?
[PR]

by pink-ponta | 2009-06-11 17:13 | ニホンイシガメ | Comments(2)

『大』ちゃん&『小』ちゃん

和亀=ニホンイシガメ
和池にはやっぱりニホンイシガメ!
いつかアダルトペアを入手しようと思っていたのですが、目に留まってしまった『だいちゃん』と『しょうちゃん』
a0090107_15102.jpg
5.3cm・4.8cm(2007.8.17生まれ)
今冬は自宅のベビー池で冬眠させて、来夏に和池に引越しの予定。
[PR]

by pink-ponta | 2007-10-23 01:18 | ニホンイシガメ | Comments(0)